PROJECTS

XF × SDGs

フットボールで持続可能な世界を創る。

未来を⽣きる⼦どもたちが、貧困もなく差別もない世界で、フットボールを楽しめるように、エグゼフはスポーツメーカーとして、2030年までの国際⽬標であるSDGsに積極的に取り組んでいきます。

SDGsとは

Sustainable Development Goalsの頭⽂字をつなげたのがSDGs(エスディージーズ)。SDGsとは持続可能な開発⽬標という意味。2016年から2030年までの国際⽬標のこと。地球上の誰⼀⼈として取り残さない社会をつくることが⽬標。発展途上国だけではなく、先進国⾃⾝が取り組むユニバーサル(普遍的)な取り組みです。

サスティナブルな素材

GRS ( グローバル・リサイクルド・スタンダード)素材の使⽤

エグゼフでは、⼀部商品にGRS(グローバル・リサイクルド・スタンダード)の認証を受けたリサイクル⽣地を使⽤しています。
デザインや機能ばかりではなく、サスティナブルな商品を増やしていくことで、地球温暖化や地球汚染への取り組みを積極的に⾏っていきます。

  • プラクティスシャツ ECO
  • トレーニングジャージ ECO

「プラクティスシャツ ECO」購入はこちら

「トレーニングジャージ ECO」購入はこちら

SDGsのパートナーシップ

沖縄SVとともに、
SDGsプロジェクトを実施

SDGsへの取り組みとして、沖縄SVとともに、沖縄の伝統⽂化、産品の販促につながる伝統的⼯芸品のPRをゲームウェアにて展開。「沖縄SV SDGsクラフトウェア」として発売しています。また、SDGsの認知を広げるため、バックプリントには、SDGsのロゴマークをデザイン。ゲーム観戦に来場するサポーターをはじめ、メディアを通じて、沖縄の伝統⽂化⽀援およびSDGsの普及活動に取り組んでいます。

  • 沖縄SV SDGsクラフトウェア[KH101021〜22]

OKINAWA SV SDGs PROJECT

「沖縄SV SDGsクラフトウェア」購入はこちら

⼥⼦フットボールのサポート

女性らしく、自分らしく。
ジャンダー平等にチャレンジ。

エグゼフは、SDGsの目標である「5.ジェンダー平等を実現しよう」への取り組みを積極的に行っています。その中のひとつとして、今まで以上に活躍の場を提供できるような取り組みとして、女子サッカー大会の支援から協賛、さらにはエグゼフカップの主催などを実現しています。また、大会ばかりではなく、アスリートとして、美と健康を促すスキンケア商品も開発。女性らしく、自分らしく。エグゼフは今後ともジェンダー平等を推進していきます。

Women’s team support project

障がい者フットボールのサポート

CPサッカーチーム
「エスペランサ」をサポート

神奈川県をホームに脳性まひ者7人制サッカー(通称 CPサッカー)の普及と強化を目指す「エスペランサ」の活動をウェアサプライヤーとしてサポートしています。

XF × CP Football

「深友インクルーシブラボ」をサポート

どんな障害を持っている人でも一人ひとりと向き合い、スポーツやサッカーに「参加」や「表現」ができるようサポートする「深友インクルーシブラボ」のゲームウェアの提供や活動をサポートしています。

XF × INCLUSIVE LAB.

環境配慮型工場の新設(タイ)

再生可能エネルギーに対応したタイ工場

XFでは、SDGsへの取り組みの一環として、2019年4月よりタイにて再生可能エネルギーを活用したサスティナブルな工場を設立。2020年5月より、ソーラーエネルギーシステムを本格稼働。CO2削減を図りながら、地球に優しい生産体制を実現しています。
また、XFは、売れ残りなどを作らない、短納期・少数ロット注文が可能な「受注生産システム」を採用。プリント加工を含めた一貫した受注生産という形を取ることで、メーカーだけの活動ではなく、XFを購入していただくたくさんのアスリートとともに、環境対策に取り組んでいます。